阿蘇噴火

地球に舞い降りた
ステキなあなたへ


数日前に熊本の阿蘇山が噴火しました。


「阿蘇山」
富士山も大昔は阿蘇山と言う名でした。



私が折々に
訪れる富士山の鬼門に鎮座する
「不二阿祖山神宮」。




その名からも
太古の昔、富士山が
アソヤマと言われていたことがわかります。





富士山と阿蘇山は深い繋がりがあり、
北海道の方も地震が頻発していますが
阿蘇山と北海道は
富士山のバランスを保つための
女性エネルギーと男性エネルギーを
排出しています。



阿蘇山は
大昔はエベレスト級の
8000m級の山だったそうです。




日本にも大きな山が
存在していたのです。




それが噴火によって
今の形となり
阿蘇山の長い裾野が出来たという訳。



その阿蘇山に
今後大きな噴火があると
富士山噴火の数百倍の威力があり
日本列島に大きな影響が
あると言われています。




それは
この30年間に起こるだろうと
推測されている「南海トラフ地震」。




阿蘇噴火は南海地震の
口火となると言われています。



台湾と香港が陸続きになる
可能性もあるらしいです。




近年、海底の動きも頻発しており、
これから太平洋側の沿岸部は
要注意。





この動き、
2025年にこれまでの社会を
一掃したかのような
大きなステージを
迎えるためにこれまで以上に
細かな地震や異常気象や
災害が頻発していくと思われます。




地球の強い意思を感じます。
大きく変わる時期でもあり、
今回の阿蘇山の噴火が意味することは
これまでの古い流れから
新たな流れへ入ったサイン。



地球リニューアル




この地球というシップで
生きている私達にとって
被害は小難/無難になることを
祈りたいところです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください