LOVE THE EARTH SPIRITS

スピリチュアルカウンセリング&潜在意識コーチング

ヒエラルキー社会の崩壊と未来の選択

258 views

今、
教育現場にしても
雇用にしても
政治にしても



社会のどこを切って見ても
もうこの社会システムは限界を
迎え崩壊を起こしています。



どこを目指しているのか
方向性さえも
見失っているように見えます。



この状態、
「時代の閉塞感」
と言えるのではないでしょうか。



何故そう感じるのでしょうか。



この一連のコロナショックで
偏頗なグローバル資本主義の
悪弊が明らかになり、



本当に必要なものが
必要なところになく
必要としていないところに
あるという偏り。



持続化給付金にしても
必要としている企業に
すべて行き渡っていない現実。



経営も雇用も継続できるか否かの
瀬戸際、窮地に立たされている
大勢の経営者が待ちわびているのに



競争入札で業務委託を
受けた民間企業から
(〇通・子会社の団体でつくられた企業)
更に〇通へと再委託しており
更に〇ソナや〇日本印刷など
子会社5社へ再々外注するという
受託の構造が明らかになり
大手広告代理店企業・大手銀行・官僚などが
絡む税金の中抜き問題が起きています。





そもそもこのコロナショックで
政府のスピード感のない対応、
ピント外れなアベノマスク
非常事態においても
裏で金が動いているという
闇の深さが露呈しました。




一貫性があったのは
「よきにはからえ」の
曖昧さと無責任さの忖度政治。




解決しない問題や
進展しない課題の山積みは
益々、見送られうやむやになり、
お手上げ状態になってから
次世代へ丸投げになると
容易に想像がつきます。



そして気になるのは
「2021年国民全員ワクチン接種 」。




現在、
アメリカの製薬会社を中心に
開発推進されている
新型コロナウイルスワクチンですが、
来年の3月に
国民全員接種開始を目標にすると
厚生省から発表がありましたが、



打つか打たないかという選択肢は
本来、個人の選択によるもの。



中には
安定剤として水銀や有害物質が
含まれているワクチンに対して
接種することを避けている方も
多くいると思いますから



接種しなければならないの???
と疑問を持つ方もいるでしょう。



新型コロナウイルスよりも
年間国内死亡者が3000人以上となる
インフルエンザウイルスのワクチンを
受けても掛かる時は掛かるので



国民全員接種というのは
何故ここまで煽るのか
不自然に感じます。



政府的には
これだけ恐怖心を煽っておけば
接種を希望する人は多くいることでしょう。



このコロナショックでの
政府の一連の対応と態度といい
裏に巨額の金銭が動くのは
いわずもがな察しがつきますが




朝から晩までこの数か月間の
加熱するコロナウイルスの報道と言い
不可解なことばかりです。




陰謀論では
このワクチンに「マイクロチップ」が
混入されるのではないかと
懸念されていますが
はてさてどうなることやら
実際のところはわかりません。




ただ、このタイミングに
トヨタの社員対象にした
「スマートシティ」の
実現化の発表といい、





内閣省からも発表された
「スーパーシティ構想」を
観る限り、





地球の自然環境の循環は
無視されており、




5G・AI・ビッグデーターの活用で
私達ひとりひとりの行動や言動が
すべて管理されていく流れに
入ってきていることは感じられます。





かと思えば
このヒエラルキー的な
社会構造の崩壊が
みられる出来事が
もうひとつありました。




それは
金毘羅人社の総社である
四国の「金毘羅宮」
神社本庁離脱のニュース。





昨年の令和元年の天皇陛下の即位に
伴う大嘗祭当日祭にお供えする
神社本庁幣帛料が、
届けられなかったことがあり、
「天皇陛下に対して
不敬極まりない行為である」と
近年高まる神社本庁への不信感に
限界を感じ
離脱へと踏み切ったという内容。




実は近年、
神社本庁を離脱する大神社は
続出しているとのことです。




代々、家族で守ってきた
富岡八幡宮の数年前に起きた
殺傷事件も
兄弟間で神社本庁離脱を巡って
争い刃傷沙汰となって
起きてしまった事件。




これまでも神社本庁が所有する
不動産売買疑惑や
幹部職員の不倫疑惑など




神社本庁執行部への不信感が
強まり続ける傾向にあり、



今回、
物事を突破するご利益のある
金毘羅神社の総社である金刀比羅宮の
離脱により




熱田神宮、出雲大社などが続けば
神社本庁が瓦解するのも
時間の問題と思われます。




このような
忖度政治にしても
国民全員接種ワクチンにしても
金毘羅宮の神社本庁離脱にしても





何処を切っても
欲と金銭が絡む支配や権力は
どんな世界にも存在して
腐敗と崩壊の途を辿っていることが
わかります。





また
人種差別や
悪だの善だのと対立して
片付けようとする二元論は
無智なる分離の世界が
続くだけで終わりがないことや





度重なる災害、経済危機の中で
経験してきたことを思うと
一刻一刻と大きく変化している今、
更なる感染症や災害が
頻発して世界的に経済崩壊が起これば
食糧危機は確実にやってくることは
予測できるのではないでしょうか。




いつも頭に思い浮かぶのは
第二次世界大戦の戦時中の食糧難。





この時期は
戦局が厳しくなるにつれて
配給もままならず




都会で暮らしていた
子供たちは田舎に疎開し、




食糧の奪い合いが起きたり
物も不足だったため
お金よりも身の回りのものと
食べ物を交換するなど




お金という通貨の価値が
最も低迷した時代でした。




あのかの有名な白洲次郎も
政治の舞台に立つ以外は
田畑を耕す農夫でした。



自ら田畑を耕し
自給自足する術と知恵のある
農家が生きる上で強者でも
あったのです。



私は小学校の頃から
戦争話を聞く度に
地に足をつけて
自然の循環と共に
自給自足できることこそが



一番、身を助けることであり、
そして人との繋がりと助け合いが
最も必要であると学びました。




究極、力を合わせて難局を
生きられるか否かです。




近年、シェア畑だの
自家菜園に目を向ける人が
多くなってきましたが




それは土に触れ、
自ら食物を育てることに
心身共に充実すると
潜在的、本能的に
感じているからでしょう。




今回のコロナショックでも
その意識は高まってきていると感じます。




これからのライフスタイルは
半農×半X生活
が当たり前になる時代になるでしょう。




自然の循環を知り、
共に生きることが
本能的に歓びに感じる
地球と調和する生き方ですからね。




特に都会に生きている人にとって
心を豊かにする生き方のひとつとして




夏の間に
家族が食べる一年分の野菜を作るために
郊外の自家菜園付きの家で過ごす
ロシアの「ダーチャ」という習慣や






夏の間は都会の喧騒を離れるために
サマーハウスで過ごす
北欧スウェーデンの習慣など
参考になるかのしれません。

日本の習慣にあったやり方で
似通った新たな習慣が生み出されていけば
広がって定着していくかもしれませんね。




これからは生きるために
必至で仕事に励んで
定年を迎えてから
悠々自適生活を送るのではなくて





根本的に最初から
自分が望む人生を
どう豊かに生きるのか
視野や見聞を拡げて
心の余裕を持つ意味でも
大きくライルスタイルは
変わっていくと思います。





そしてこの大変動期を
生き抜いていくにこれまで以上に
意識していくことは




「自ら現実に起きていることを知って
選択し意思決定・表現をしていく」

「あくまでも人生の主導権・責任は
自分自身にあるという自律した在り方」




この意識を持つか持たないかで
大きく道が分かれていくことでしょう。




様々な未来構想、憶測は
常に世の中に飛び交いますが




私達が忘れてならないのは
地球の上に活かされていることです。
地球が健やかではないと
私達も健やかに地上で生きることが
できません。




地球は私達の生きるベースです。





そして今、世の中に起きている
すべてのことは
地球再生・人類の進化の過程において
私達が選択してきたひとつひとつの
結果であり、必然的な流れに
過ぎないということです。




これから選択していく中で
新しい手法や方法を取り入れて
私達の社会生活がよりよくなることを
選択したとしても





地球循環・自然との共存・調和
前提とした社会の創造がなくては
また同じ過ちを繰り返すことでしょう。





地球人として
ひとりひとりが意識して
協力の下、この星を守りながら
共存・共生・創造・進化することが
望まれます。




地球の多次元化
=人間の覚醒と意識のシフト

であり、




5次元化が進むと
ひとりひとりの想念・発した言霊は
現実化するスピードは高まるので
おのずと気を配らなければ
ならないことを理解する日は
そう遠くありません。




そして いつの世でも
自分自身の存在を愛し
素直な意思を尊重し
自分自身を高める





この意識を持つことは
自分で自分の幸せを決められ、
自分自身を大切にできます。



どんな時でも
「今、存在してくれてありがとう」
と自分自身に愛を伝えてあげてください。




「今」という瞬間は
宇宙からの愛というギフトです。




この今という時代と
日本に存在する選択をした
あなたには
目的と役割と意味があります。




それはあなた自身の中で感じ、
答えを見出していくことです。



だから
愛と感謝をもって
無二の自身を愛し大切にしましょう。
Love yourself with love & gratitude !!!




あなたは
地球の大切な私達の仲間です。
You are our precious fellow on earth !



ではまたお会いしましょう!
See you next time.
Coming soon !




今日もありがとう。
Thank you today too.
With love.