LOVE THE EARTH SPIRITS

スピリチュアルカウンセリング&潜在意識コーチング

2020夏至は大きなターニングポイントなる!

201 views

地球に舞い降りた
愛あるステキなあなたへ



夏至前のこの一週間。
強烈なデトックスが起こっています。



私は強烈な眠気に襲われて
その度にアップデートが著しい~




変わる変わる・・・
現実に居ながら
多次元にも同時に居る状態に
あります。



なにかと
夏至前は冬至同様に
変化する動きが激しく
様々な現象がみられるタイミング。




人によっては
長年付き合ってきた
友人やパートナーに対して




本音が隠し切れずに
突然の別れを切り出したり、
切り出されたりして
お別れを経験したり、




人事異動やら解雇やら
環境を変えることになるなど
まさに今、晴天の霹靂と思える
経験している人も
いるかもしれませんね。




これだけ
大きな揺れを感じる年の夏至は
単なる夏至に
留まるわけがありません。




「蟹座新月」
「部分日蝕」
「感謝日」
とてんこ盛り状態。



嫌だ―とあがいても
物事が大きく
変わらざる得ない星回り。




しかも、
本日18日~来月12日までは
「水星逆行」。




やり直し・見直しなど
昔のことを蒸し返されたり、
終わったことを再び、
やり直しすることが起きたりと
うそーん!と思えることが
普通に起こります。



またイライラさせられるような
通信機器のトラブルやら
移動の遅延や
混乱も起きやすい周期。




こういう時は
「水星逆行だから仕方ない」
とした方が良さそうです。






蟹座は
「家族」を表すのですが
家族間でも終わったはずの問題が
蒸し返されて再びトラブルが
勃発するかもしれませんし、
逆に昔話に花を咲かせることも
あったりするかもしれません。



更に
金星、木星、土星、冥王星も
逆行中なのでここ数カ月のことが
またやり直しになることも考えられます。




もしかしたら・・・
再び「ステイホーム」となるような
事態が起こる可能性も無きにしも非ず。
気になるところでもあります。




ただ、逆にチャンス到来!
リベンジが可能になるので
敗者復活戦となるようなことも
期待できます。




そして
夏至自体が意味することは
古い流れと新たな流れの転換点なので
新たな方向性に軌道を切り替えるに
最適なスタートの日でもありますので
これからお伝えすることも含めて
あなた自身の未来について
しっかりとビジョンを固めるに
最適なタイミングです。





さて、
このてんこ盛りの大変動の星回り。




その影響は
世界の社会情勢を観れば一目瞭然です。




これまでなんとか
ギリギリのところで
均衡が保たれていたことが




再び炎上するような
出来事が勃発したり、




異常な現象が起こったりと
ここ数日間、
緊迫感が走っています。




「インド感染急増とバッタ異常発生」
「北朝鮮、南北連絡事務所爆破」
「中印の国境衝突20人死者」






中国から始まった
新型コロナウイルスの感染拡大で
お隣のインド・首都ニューデリーでは
感染者数急増の途を辿っています。




これは
早まったロックダウン解除が
原因とも言われていますが、




もともとインドが抱える人口増加や
右肩上がりの貧困層増加などの
課題とも重なり、
経済的・人的被害が
深刻化しているため




経済活動を再開しない限り、
ウイルス感染での死亡者数よりも
飢餓による死亡者数が
増え続ける恐れがあるのではないか
と事態は更に深刻化しているようです。




それを含め、
韓国 VS 北朝鮮
中国 VS 中印
とアジア圏の動きが
キナ臭くなってきました。




第三次世界大戦開戦へと
繋がる気配を感じます。




新型コロナウイルスも中国から
世界へと感染が広まり、





世界に拡散した”生物化学兵器”
であるという観方も色濃くあり、




30年前からWHOで掲げられてきた
人口削減のために書かれた
シナリオであるとも言われています。




経済を混乱させて
衰退へと段階を経ながら
徐々に実行していき
最終的には地球全体の人口を
現在の1/3と減少させる考え。




それと同時に
今年から10年間に起こるであろう
(流れによっては前後する)
様々な人災・自然災害は
既に崩壊の途を辿っている
グローバル資本主義の経済を
一掃する破壊の期間になるでしょう。




その後、
これまで先進国として肩を並べてきた
〇国がほぼ自滅する形で衰退し
イ〇ドに吸収されるなど、




あらたな体制やテクノロジー、
価値観・文化が生まれ、
今の私達の想像を超える世界へと
一新し、




弥勒の世へと変わっていく
タイムラインも見え始めました。





その期間の中でも
最も落ち込みを見せる
2024年はターニングポイントとなる年。





具体的には
世界全体の経済が冷え切って
銀行口座凍結・食糧難に加え、




日本で
世界を震撼させる大事件が起こり
概念を一掃させる出来事が
起こるのではないかと感じます。




こういったことを私が
あなたにお伝えする目的は
恐怖心を植え付けるのではなく、



むしろ
地球上で起きている様々な社会事象は
私達ひとりひとりの意識の集合体の
現れであり、




それを主観的にも俯瞰的にも
直視することで
私達の潜在意識下で
一体何が起きているかを理解し、
把握することがひとつ。



そして



宇宙の意思と
未来地球からの警告を
促すことで
本来の魂の振動数を上げ
意識の覚醒と上昇と変化が
起こることをアシストしています。



それにより



地球未来のシナリオを
大難⇒小難⇒無難へと
回避可能であると
ライトワーカーとしての
最大のミッションである
という意思の下、お伝えしております。




誤解無きように。




ではこのような大変動の時代を
共に生き抜くには
最もどんな意識を持って
行動を起こすことが
望ましいのか・・・

意識の準備 ~自律した者同士の団結力で難局を乗り切る!~




私達は散々、
物的価値を優先としてきました。
物があることが豊かであると。
欲を満たされれば幸せであると。



親や家族、
学校や社会から
教わってきました。



そして
発展と進化を力を注ぎ、
生活水準を上げてきました。




戦後の日本敗戦から考えると
夢のような飽食の時代を迎え、
快楽主義・物質主義へと
意識は変化してきました。




でも何か物足りなさを
常に感じて満たされない・・・




返って飢餓状態に陥りやすく
情緒不安定になりやすく
特に現代の若年層に見られる
意欲低下は気になります。




年々、増加傾向にあるのは
若者の自殺者数と高齢者数。





そこに
この現代社会の問題と課題が
垣間見れます。




現代の私達は欲しいものが
すぐに手に入る生活環境を
手にしていますが




その反面、
生活習慣から数多くの病を
創り出しています。




人生100年時代と
言われていますが
このままの社会の在り方が
続くのならば




これは今の高齢者世代で
終わってしまうことでしょう。



何故ならば
今の40代以下の人達の
カラダは添加物を含んだ食品で
作られており、




骨事態も年代毎に
大変脆くなっています。




精神面にも影響しており
時代背景は違えども
これまでの歴史の流れから
日本人の精神性を考えると
遥かに気骨さに欠けています。




明治維新の志士達に
何故、現代人は心惹かれるのでしょうか。





自らの意志の下、
誇りと気高さを持ち、
命を投げうってまでも
自国の行く末を暗示、




日本を世界と対等な国として
変えたいという情熱を傾けて
いたからではないでしょうか。






あれ?いつから
日本人の凄さはどこいったの?




いつから今の状態に
なってしまったのでしょうか・・・




大きなターニングポイントと
なったのは敗戦後のアメリカの
占領下となったあたりから。




戦後
財閥解体、農地解放、預金封鎖、
財産税の課税といった大改革が
GHQの指示の下、行われました。




その大改革のひとつにあったのが
3S政に基づいた「日本愚民化計画」。




この計画実行の目的は
快楽と物質を与えて骨抜きにすることで
政府に逆らわず
思考能力を低下させ
意のままに操れる国民を育てるために
作られたもの。




特にその後、アメリカから
導入されたTVは娯楽をもたらし
通信としても大きな働きがあり
画期的なものですが、





実は情報操作や画策、洗脳、
思考能力低下にはもってこいの
機器という裏側の顔もあるのです。





結果、
現代人の私達は骨抜きにされており




大概、
人権尊重だの平等であると
表向きは謳われている政府や
自治体の方針の殆どに
コントロールされた
社会システムを構築していきました。




身近なことでもその意識は
行き渡っており、




最近は見直されてきましたが
家庭・会社・公的な場所での
ハラスメントは日常的であり、




任意や平等などの
理念や趣旨に反した慣習に基づき
みんながやっているのだから
やるのは当たり前という
自治会・PTA問題がその例です。




未だに蔓延る
”ことなかれ保身主義”




しかし、
2000年を過ぎたあたりから
意識のシフトに伴う
変容が始まり、



時代と共に
男尊女卑、格差、人権の尊重性を
求める声が相次ぐようになり、
法律の見直しなど
新たな法律が制定され始めています。




益々、
2020年の今年を境にして
大きく世の中が変わっていきます。




私達は
既にその入り口に立っています。




これまでの支配と依存の関係を
自ら断ち、




誰もが望む調和した社会を
創造するためには




ここからは
いつもお伝えしていますが
自分の意志とそれに伴う行動が
大切になります。




自ら
これから世の中で
起こることに対して




想像し、
考え、
準備し、
行動する。




自分自身の創造性と生命力が
モノを言う時代です。



何故ならば
第二波・第三波は
今の医療では到底及ばない
「スーパー耐性菌」の感染拡大が
懸念されているからです。




自分自身の免疫力だけが頼りであり、
生きる強い意志を持つことが
最も大切となるからです。




だからこそ
何が世の中で起きているのか
その眼でみつめて、判断して、
自律した行動することが必須になります。




自律した個の団結と協力が
この時代を乗り切る
最も重要な力となるのです。


1万2000万年前の魂の約束を果たす時が来た!




2000年以降、
人々はスピリチュアルな世界に
心の拠り所を求めるようになりました。




それまでは
オカルトだの宗教だのと
怖いものみたさで
霊的存在を扱ってきたものに対して
価値観をガラッと変えて
もっと身近なものだと
感じるようになりました。




そして
神社をはじめとして
パワースポット、
スピリチュアルスポット巡りや
リトリートツアーなどを
楽しむことは当たり前になりました。




これほどまでに
人々の行動が何故変わったのか・・・。



ある意味、社会の在り方への
行き詰まり感が発端だったと記憶します。



そして
能力者が表舞台に出るようになり、
スピリチュアルブームが起こりました。



一時のブームは去ったものの
あらたな意識に目覚めた人も多く
ヒーラーとなる人も続々と現れ、
タブーとされてきた霊的なものの
考えが当たり前になる時代へと
進化しました。




ほんの20年前の話ですが
すべての流れは
これから本格的に迎える
大変動期の意識の準備で
あったのです。




神社は神の社と書きますが、
「神」とは
私達の源である宇宙
を示しています。




イヤシロチ=社がそこに付いて
宇宙の源に繋がる・還る場所
という意味になります。




もともと日本人は自然に神をみて
神と共にあるという感覚を
大切してきた人種です。




神社に神を祀り
繋がりを大切にして
そこから様々な文化を
生み出していったのです。




その思想がDNAレベルで
浸透しているため、
必然的に再度求めるように
なっていったのです。




それはすべて
数万年の時を超えて
あらたな調和を重んじる
精神性豊かな調和の時代の再来に
魂の再会をするために。




私達日本人が持つ、
DNAには先祖の情報が詰まっています。




日本人の根幹である
自然崇拝を重んじてきた感覚を
辿ると辿り着くのはムー大陸。




アトランティス、
レムリア文明などが存在していた
同じハワイ諸島沖の海底に眠る
調和した高度文明が存在しました。




ムー文明は
宇宙の創造主と共に常にあり
人々の間に争いごともなく
調和が保たれていました。




宇宙の創造主とは古事記で言う
「アメノミナカヌシの神」にあたります。



惜しくも
宇宙人が介入して
欲望を満たす権力と支配の価値観に
魅了されてしまった民達が増えて、
調和の均衡が壊れ、世情が乱れ、
争いが起こり崩壊してしまったのです。




しかし、
散り散りになったとはいえ、
ムー族の精神はその後に
縄文文化へと引き継がれました。




弥生時代に入るまでは
1万年続いた縄文時代は
とても調和のとれた時代で
あったと言われています。




弥生時代は
約2300年~1700年前と
言われていますが




縄文時代の後は
私達がよく知る「分離」世界へと
移行してきました。




分離と調和の世界は
2000年毎に訪れると言われています。




そして
その切替の年が2020年今年。
大転換期の最中にあり、
時代は大きく変わろうとしています。




先にも述べましたように
これから10年間で社会の膿出しと
方向転換を
図らざる得ない状況になるでしょう。




この時に
清濁併せて抱き参る受容性を持ち、
新たなものを生み出し、
価値観を変えることが大得意の
私達、日本人が
中立の立場となっていきます。





とても重要なポジションニングであり、
日本人にしかできないことです。




且つて調和の時代を生き抜いてきた
ムー・縄文の血筋を受け継ぐ
日本人のスピリッツは
時間軸を超えて
発揮されることが約束されています。




何故ならば
ムー文明の終焉に私達は
再びこの2000年の時代に会う
約束をした魂同士だからです。




顕在的には思い出せなくとも
魂的には覚えているので
あらたな局面を迎えた時に
スイッチが入ることでしょう。




既にそれに気づいている人も
沢山、現れています。




その証拠に
同じ価値観を持った
者同士の結びつきを
求める意識が高まり、
振り分けが起こっています。




あなたにも自覚が
あるのではないでしょうか。




仲間・コミュニティを求める
動きは社会的な選択の自由度が
増すことによって
活動が盛んになって



国や場所を問わず繋がり、
人種など関係なく
新たな可能性と
価値観が生みだされて、



それが新たな文化となり、
大きな光の輪となって
これまでのものを一気に
オセロの如くひっくり返して
いけるものだと感じています。




これまでのように
カリスマやリーダーと呼ばれる
影響力のある存在によって
すべてをひっくり返すような
救世主が現れるのではなく、




皆ひとりひとりが
救世主であるということを
自覚していく時代を迎えるであろうと
私は感じています。




その中心に中和剤として
調和をもたらす
日本人である
私達がいることは確実です。




私達のカラダには
あらゆる時代の難局を
乗り越えてきた
DNAが流れています。



私達の先祖達のパワーが
DNAにキッチリと記録されています。





共に分け与えて生きてきた
団結力の縄文人。




神と人が最も近かった
高度文明のムー。




時代を経て、
今、新たな調和の風の時代に
結集するために転生してきた魂達が
この日本に存在していることが
喜ばしく誇らしく思います。




だからこそ
本来の魂が望む生き方へと
自ら切り替えていきましょう。





その行動が実は
1万年以上前の魂の約束を
起動させる「スイッチ」なのです。




今年の夏至から
更に大変容の流れは
激流となっていきます。




目まぐるしく変化していきます。




その流れは
冬至で激しさ険しさが加わって
変化していくことででしょう。




皆、
意識を変えざる得なくなります。




あなたはここから
新しい流れに乗るために
自身の意思の確認と
生き方、希望をしっかりと
イメージしてくださいね。




意識の準備はOKですか???