覚醒だとか二極化だとか環境破壊だとかと言う前に


この世界に感じる疑問が数多くあります。


そのひとつが
「やさしくていいのにな・・・
どうしてこんなに人と人とが競ったり
蹴落としたりと自分にも人にも
優しく生きられないのだろう」
という疑問。



人は独りでは生きられませんよね。
協力しあいながらではないと
生きられないもの同士。




”誰かよりも優れているという
優越感を感じたい”



エゴと言えばエゴだけれども
これもありのままだからOK!
良いも悪いもないよ
とも言えるけれども
自ら苦しみを生んでしまうんですよね。





私達って
自分自身が
”どう在ろうか”
って自分で選択できるんですよね。




一瞬、”気持ちイイ~”
と感じるかもしれないけれども
その後すぐにハートがモヤっとすると思います。




これも
この地球での感情を味わう経験のひとつで
OK!なのですが




よー-く、よー--く
考えてみると・・・・




そもそもみんな持っている個性やパワーが
異なって補い合えるのだから
劣等感を持つ必要はないんですよね。





劣等感の正体って
「嫉妬」や「恐れ」。





それって
自分の素晴らしさに目が
行っていない事の現われだし、




人によっては
愛されたい欲求が満たされていない
孤独感の裏返しの想念の現れだったりします。




まだ現実化していない
妄想で創ったもの。




自分で創り出してしまっている
だけのことなんです。




それはこの世界の
トラップみたいなもの。



特にコロナ禍や
他国同士の戦争など
それによる原料の輸入規制など
恐れを煽る傾向ですよね。




日常の生活にしても
物価高で収入も上がらないと
生きられない・・・



恐れを煽ったやり方が
殆どを占めているのではないでしょうか。



勿論、近年
人が安心するような方法を編み出して
シェアしている人たちも増加しています。




私達は恐怖感を生み出すことが
できるのだから
勿論「安心感」を生み出すことも可能なのです。



それではどう生み出すの?
ということになりますが、




私達は元々知っています。
案外簡単なんです。



大人になると物事を複雑にして
深刻にしてしまう傾向ってあると思います。




都合がいいこと
不都合なこと
と分けてしまうからです。




子供時代、
ニュートラルな考えで
シンプルだったでしょ?!




元々、この世のものって
誰のもであって
誰のものではないのです。




秩序の均衡と言いつつ
複雑にしているのは
私達人間だけ。





でもそれも人間。




だからこそ
この世の仕組みの清濁を知り、
白黒二極化するのではなくて
混ぜて受け容れてしまった上で
「安心感」を軸に
やり方を少しずつ変えていけばいいのです。




「安心感」を生み出すことは
環境破壊問題に関しても
食糧問題にしても
化学物質の摂取問題など
私達の生活の心配事の軽減、
ないしは解消へと繋がります。



それはおのずと
自然の摂理を知り
それに則った生き方へと
繋がっていくからです。



この地球は水の惑星であり
水の「循環」で守られています。



私達の身体も地球そのものと同じ
水の循環で生きられています。



だからおのずと
知っているのです。




恐れを持てば
恐れに基づいた現実を引き寄せ
現実化します。



安心感を持てば
安心感に基づいた現実を引き寄せ
現実化します。





この世のトラップに
そろそろ気づいてもいいのではないでしょうか。



気付けば
内側に感じる行き詰まり感は
おのずは消えていき
新たな世界観が内側から
生まれて広がっていくものです。


この世も今の地球の状態も
私達の想念の現われにすぎないのだから。

About The Author

SAKURAI YUKI SPIRITUAL LABO代表櫻井 ゆき
スターシードの魂。
直観力、透視能力を生来持ち、幼い頃から神秘体験を数多く持つ。
人生の大転換期を迎え「何故?こんな辛いことばかりが子供の頃から続くのだろうか?」という疑問を持ったことから導かれるように不思議な出会いが始まり、自ら持つ力について改めて知る機会が数々訪れたことを機に霊的探究の道へ足を踏み入れる。表現方法を学ぶ傍ら、スピリチュアルカウンセリングを19年前にスタート。現在、個人セッションを軸にセミナー・霊的真化スクーリング・神秘のスポットを紹介するリトリートツアーを手掛けてきた。現在は個人セッションのみ。宇宙と地球の流れに連動した在り方や社会事象から読み解く人間の意識や宇宙の影響力についてオフィシャルブログで提唱している。既婚・一児の母。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください